Re: 飲み合わせについて


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 10 月 06 日 15:40:44:

回答先: 飲み合わせについて 投稿者 ミルキー 日時 2007 年 10 月 05 日 17:04:43:

漢方薬は体質にあったものでしたら、何種類か同時に飲む事が出来ます。
ただし、方向性が似たような漢方薬の場合は、量を加減する場合もあります。

今回の場合、補中益気湯と衛益顆粒は補気作用のもので作用が似通っています。
この場合は、どちらかにするか、両方飲む場合は量を減らします。
勿論、気虚がひどい場合は両方を普通の量だけ飲む場合もあります。

加味逍遙散は利気に少し補血を兼ねています。
補中益気湯では当帰など若干かぶさる部分もあるのですが、基本的には別方向の漢方薬です。
ですから同時に飲む事が出来ます。

補気のものと利気のものをどちらを優先されるかはケースバイケースでいちがいには言えません。
一般的には程度のひどいものを優先させますが、バランスをとりながら併用する方法が一番良いでしょう。
補気薬ばかり使うと気滞になる事がありますし、利気薬ばかり使うと気虚になる事があるからです。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]