Re: 蓄膿症とおりものと4時半起き


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 9 月 22 日 18:38:51:

回答先: 蓄膿症とおりものと4時半起き 投稿者 ゆめ 日時 2007 年 9 月 20 日 05:48:30:

ここに書かれている症状だけでお薬を決める事は出来ないのですが、解る範囲で考えますので参考にして下さい。

おりものも蓄膿も、やはり水の流れと関係があります。
漢方的には湿がたまっている状態と考えます。

おりものや鼻水でも、匂いがなくサラサラの場合は冷えが関係している寒湿です。

これに対して、粘っこい、色がある、匂いがあるなどの場合は熱が関係している湿熱の事が多いです。

竜胆瀉肝湯は湿熱を改善するものです。

朝の4時半は、肝経と関係があるかもしれません。
ですから、肝経の湿熱を改善する竜胆瀉肝湯はあっているのではないかと思います。
もし、舌の色が赤い、舌に黄色い苔がある、口渇がある、冷たいものが好き、イライラしやすい、時々目が赤くなるなどの症状がある場合は肝経の湿熱と考えて竜胆瀉肝湯を使います。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]