Re: 慢性腎炎


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 9 月 19 日 17:16:25:

回答先: 慢性腎炎 投稿者 ももこ 日時 2007 年 9 月 14 日 21:00:20:

西洋医学の考えと漢方の考えでは全く違います。
IgA腎炎というのは、西洋医学の診断です。

当帰芍薬散は、血虚に湿がある時によく使います。
血虚とは血の不足です。
湿は余分な水です。

腎炎でも血虚があり湿があれば当帰芍薬散を使うことが出来ます。
それ以外のタイプ、例えば、淤血、湿熱、気虚などの場合は別なものが良い事もあります。
ですので、西洋医学の病名だけで漢方薬を決める事は出ません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]