Re: 免疫力と悪性リンパ腫 冠元顆粒と地竜


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 あんず村です。 日時 2007 年 9 月 19 日 17:13:36:

回答先: 免疫力と悪性リンパ腫 冠元顆粒と地竜 投稿者 ミルキー 日時 2007 年 9 月 13 日 22:36:42:

免疫力は高ければ高い程良いという事ではありません。
免疫力が高すぎると、アレルギー、自己免疫病などになります。
逆に免疫が低いと癌とか感染症にかかりやすくなります。
また、免疫にも色々な種類があり、それらのバランスがとても大切です。

漢方的には免疫は体を守る気、衛気(えき)と言います。
衛気も強ければ強いほど良いという事でなく、バランスが大切です。

病気の治療の場合、正気の不足と邪気の過剰を考えます。
足りない物は補い、余ったものは取り除きます。
この点を考えないで、何でもかんでも補っていたら汚れはますます多くなってしまいます。

冠元顆粒と地竜は少し性質が違います。
冠元顆粒などの植物系の駆淤血薬は、主に血管の汚れを綺麗にします。
地竜などの動物生薬は、絡脈といって、血管の外の汚れを綺麗にする働きが強くあります。
それぞれ利点がありますから、心筋梗塞や血栓の場合は両方を少しずつ飲む方法がお勧めです。
悪性リンパ腫の場合は、淤血だけの問題でなく色々な要素がからんで来ます。
漢方薬を飲む場合も、なるべくこの病気に詳しいお店を探してみられる事がお勧めです。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]