Re: 星火逍遥丸の白朮と茯苓について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 8 月 10 日 16:55:19:

回答先: 星火逍遥丸の白朮と茯苓について 投稿者 ハナサン 日時 2007 年 8 月 10 日 06:46:09:

補脾とは、主に胃腸の気を補い、胃腸を丈夫にするような意味です。
これに対して、健脾は、胃腸の中にたまっている余分な水分を追い出したり、気の流れを良くして胃の蠕動運動を助けたりします。

例えば、健脾の代表処方として、香砂六君子湯という処方があります。
これは、四君子湯に陳皮半夏、木香、縮砂を加えたものです。

 補脾 (補脾気) 四君子湯
 胃腸の余分な水をとり消化を助ける 陳皮、半夏
 気の流れを良くして胃腸の蠕動運動を改善する 木香、縮砂

このような構成になっています。

ただ、補脾も健脾も「胃腸の働きを良くする」という意味では同じですから、あまり厳密に区別しないで使う事もあります。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]