Re: 加味逍遥散の煎じ薬


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 7 月 21 日 21:06:06:

回答先: 加味逍遥散の煎じ薬 投稿者 なお 日時 2007 年 7 月 20 日 07:46:10:

同じ生薬の量で計算した場合は、煎じよりもエキスの方が効き目が良い事が多いです。
煎じの方が効き目が良いと言われるのは、加減がしやすい事と、使う生薬の量がエキスよりも多い事が多いためです。
煎じが適するのは慢性病よりも急性病の方です。
昔から「傷寒」のような急性病には煎じを、「雑病」(いわゆる慢性病)には丸薬や散薬を多く使っています。
また、生薬の成分の中には熱に弱いものがあり、この場合は、煎じとかエキスよりも丸薬が適します。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 7 ]