Re: 加味逍遥散


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 3 月 27 日 17:52:20:

回答先: 加味逍遥散 投稿者 とこ 日時 2007 年 3 月 24 日 18:44:55:

体質は常に変わっています。
また、状態、症状、季節、環境も変わっています。
ですので、以前合わなかったものが合う事はよくあります。
また、今まで良かったものが合わなくなる事もあります。

加味逍遙散は、基本的にはかなり長く飲むように設計されています。
ですので、体にあった状態が続いている限り、飲み続けてかまいません。
発散薬の柴胡や薄荷は入っていますが、当帰、芍薬など陰血の補うものも含まれているからです。
ただし、冷え性の人が長くのむ場合は、山梔子、牡丹皮の含まれていない逍遥散や星火逍遥丸が良いでしょう。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]