Re: かゆみ


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 3 月 17 日 17:59:59:

回答先: かゆみ 投稿者 みどり 日時 2007 年 3 月 16 日 11:22:59:

外陰部の痒みといっても、色々な原因があります。
例えば、
 湿熱 汚れた水に熱がこもった状態
 血熱 血の汚れに熱がこもった場合
 淤血 血液の汚れ
 痰湿 汚れた水、脂、繊維など
 血虚 血の不足
 気虚 エネルギー不足
 陰虚 潤いや栄養液の不足
 陽虚 暖める力の不足
などがあります。
それぞれのタイプで、またさらに体質、状況によって、もう少し細かく分類してお薬を決めていきます。

麦味地黄丸は、陰虚の中でも肺腎陰虚というタイプに使います。
生殖器は腎との関係が深く、皮膚は肺との関係があります。
皮膚に潤いが無く、カサカサと乾燥して痒い場合で、腎の不足などもある時に麦味参をつかいます。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]