Re: 衛益顆粒と加味逍遥散


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 あんず村 日時 2007 年 1 月 25 日 18:31:54:

回答先: 衛益顆粒と加味逍遥散 投稿者 パンダ 日時 2007 年 1 月 23 日 21:37:05:

ごく特殊な場合を除いて、あまり考えにくいです。

ごく特殊な場合な場合とは、気虚で陰火が浮上している場合です。

気虚とはエネルギー不足です。
陰火は、主に上半身の不必要な火です。
気は陰火を押さえ込む働きがあり、気の働きが良い時は陰火は強くなれません。
気の力が衰えると陰火が強くなります。
皮膚の赤味やのぼせが陰火が原因の場合は、衛益顆粒を減らすと悪化する可能性があります。
ただ、陰火はそんなによく見られるものではありません。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]