Re: 当帰勺薬散と補中益気湯の飲み合わせ


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 12 月 19 日 17:19:35:

回答先: 当帰勺薬散と補中益気湯の飲み合わせ 投稿者 まあさ 日時 2006 年 12 月 18 日 21:07:16:

補中益気湯は、昇提作用(しょうていさよう)と言って、気を上に持ち上げる作用があります。
生理の量が多い時に補中益気湯を飲むと、この作用により、生理の量が少なくなる事があります。
補中益気湯には、気や血を補う作用もありますから、生理の量が少ない人が飲むと、生理の量を増やす場合もあります。
ですので、補中益気湯を使うと量が多い人は少なくなりますが、少ない人がより少なくなる事はまずありません。
ですので、当帰芍薬散や補中益気湯で生理の量が少なくなったとはちょっと考えにくいのです。
ですが、一応、生理中だけ補中益気湯をお休みしてみたらどうでしょうか?




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]