Re: 漢方の耐性について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 12 月 07 日 16:10:10:

回答先: 漢方の耐性について 投稿者 たやこた 日時 2006 年 12 月 06 日 23:28:00:

漢方薬には、即効性のある成分と、長く続けていないと効果が出ない成分があります。
気の流れを良くするもの、血の流れを良くするものなど、動かす成分のものは、飲み始めは良く効いても慣れて来て効きにくくなる事があります。
汚れを綺麗にするものとか、機能を補うものは、体質改善として長く続ける必要があります。

多嚢胞性卵巣で、漢方薬を飲んだ場合、気血の流れが良くなって、飲み始めにすぐ何回か排卵する事はよくあります。
ただ、これは多嚢胞性卵巣が治ったという事ではありません。
多嚢胞性卵巣は、卵巣の周りの汚れなとが原因です。
ですから、これらの汚れが綺麗になるまでは、治ったとは言えません。
卵巣の殻が薄くなるまでは、かなり時間がかかります。
漢方を飲み始めてすぐに排卵する場合は、卵巣の殻が薄くなったのではなくて、気血の流れが良くなった為、卵胞の膨らみが良くなったからと思います。
便秘も、気血の流れが良くなった為に改善されたのだと思います。
このような気血の流れを良くする働きは続けると効き目が弱くなる場合があります。
今、飲んでいる漢方薬が汚れを綺麗にするようなものでしたら、やはり頑張って続ける必要があります。
ただ、汚れを綺麗にするものも色々ありますから、少し変更する事も出来ると思います。
一度、購入されているお店でご相談下さい。
もし、当店で購入頂いている場合は、もう少し詳しくご相談したいので、ご連絡下さい。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]