Re: 腎陽と腎気


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 11 月 28 日 18:53:27:

回答先: 腎陽と腎気 投稿者 なかむら 日時 2006 年 11 月 26 日 08:22:06:

気虚とはエネルギーの不足ですから、腎気虚は腎のエネルギー不足です。
陽虚とは、温める力の不足です。特に腎陽は体全体の陽の中心です。
温める力もエネルギーの一部ですから、腎陽虚の場合は腎気虚も同時に存在すると考えれます。
つまり腎気虚で冷えがある場合が腎陽虚と考えられます。

腎精は、ホルモンのようなものです。
子宮や卵巣、精巣、骨なども腎精と関係します。
腎精は年令とともに少なくなる傾向があり、気虚や陽虚よりも補いにくいものです。

日本の処方で純粋に腎気だけ補うというものはありません。
腎陰や腎陽と同時に補ったり、他の臓腑との関連を考えて補っていきます。

腎陽虚の場合の場合は、単純な腎陽虚なら八味丸で良いですが、腎精不足などを含んでいる事も多くあります。
この場合は海馬補腎丸、至宝三鞭丸などを使います。
たま脾虚を兼ねる場合は参馬補腎丸を使います。

腎精不足の場合はやはり動物生薬を、特に鹿茸などを含んだものを良く使います。
双料参茸丸、参茸補血丸、胎盤エキスなどです。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]