Re: 小青竜湯について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 6 月 09 日 18:26:57:

回答先: 小青竜湯について 投稿者 のりこ 日時 2006 年 6 月 07 日 20:05:09:

風邪の漢方薬は次のように考えます。
詳しくは、漢方のお店などでよく相談してみてください。

寒気がある場合は、辛温解表(しんおんげひょう)の方法を使います。
辛温解表の代表は、葛根湯、麻黄湯、小青龍湯です。
 葛根湯 寒気以外では、首筋のこり、下痢、頭痛などを伴ったりします。
 麻黄湯 寒気が強く、節々の痛み、咳があります。
 小青龍湯 寒気以外では、サラサラの鼻水、クシャミ、咳などがあります。
 香蘇散 軽い風邪に使います。妊娠中にもよく使います。

寒気が少なく、喉の痛みがある場合は辛涼解表(しんりょうげひょう)という方法を行います。
 銀翹散(天津漢方片、銀翹解毒散、涼解楽など)
  寒気は少なく、喉の痛みが強く、口渇や熱感がある場合に使います。
 駆風解毒散 喉の痛みが強い場合で熱感はそれほど強くない場合に使います。
 麻杏甘石湯 咳がひどく、喉の渇きがあったり、少し熱感があるような時に使います。

胃腸の症状が主で、吐き気、下痢などがあり、体が重だるい場合は風湿(ふうしつ)という邪気を受けたと考えます。
 かっ香正気散 胃腸の中の水分をさばき、軽く邪気を発散させます。(芳香化濁 ほうこうかだく)




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]