Re: 破気


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 11 月 17 日 15:21:31:

回答先: 破気 投稿者 名 日時 2006 年 11 月 17 日 10:41:21:

破気というのは、かなり強い概念です。
血腑逐於丸は、破気まで強い作用のものではありません。
活血化淤と疏肝利気の作用があります。

血腑逐於丸を始め、加味逍遙散、星火温胆湯、六味丸は気虚を治療する作用はありません。
気虚がある場合は必ず気虚を治療するものと併用する事が大切です。

血腑逐於丸は、淤血があり、気の流れが悪い人が飲みます。
加味逍遙散は、気の流れが悪く、少しのぼせがある人に使います。
星火温胆湯は痰湿がある場合に使います。
六味丸は、腎の陰虚、もしくは他の部分の陰虚に使います。
気虚がある場合は、それに補気作用のあるものを併用します。
このように使い方が正しければ、それが原因で気虚になる事はありません。

ただし、続けているうちに体質が変わってくる事もあります。
その場合は、お薬も変更していく事が大切です。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]