Re: のぼせ の種類?


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 11 月 15 日 15:47:36:

回答先: のぼせ の種類? 投稿者 裕子 日時 2006 年 11 月 14 日 10:19:51:

のぼせにも色々あります。
体の内部に熱がこもっていて、体表が冷えている場合は鬱熱(うつねつ)という状態です。
この場合は、気の流れを良くしたり発散されるものを使います。
特徴は、体は冷えるのに冷たいものが飲みたい、脈は沈んで細いのに力はあり、舌は赤い。
冷えているのに、時々暑くなり、汗が出るなどです。

血流が悪くて熱をうまく運ぶ事が出来ず、冷える場合は、特に手足の先が冷える。
のぼせる場合は、頬の部分だけが赤くなります。
場合によっては、下腹部や陰部が冷える事もあります。
舌は完全に淡白ではなく、やや赤味があり、白苔があります。
脈は少し渋る感じがあります。

体の中にも外にも熱がある場合は、暑がりで口渇があり、汗が多く出ます。
脈は強く、舌も赤いです。

これ以外にも、骨盤内に淤血があるような場合にも冷えのぼせが出ます。
このホームページの淤血チェックなどを使って見て下さい。

それ以外には、肺とか胃の気が下に下りない、中焦部(胃のあたり)につかえがある、心と腎のバランスが悪いなど色々な原因もあります。
冷えのぼせは、中医学では気血水の昇降の問題で、非常に広い範囲と関係があります。
気血水の昇降を完全に理解する為には、中医学を深く理解する事が必要です。
私は25年くらい中医学を勉強していますが、まだ完全には気血水の昇降を理解していません。
それくらい奧が深い部分です。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]