Re: 星火温胆湯


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 11 月 14 日 17:19:17:

回答先: 星火温胆湯 投稿者 シュー 日時 2006 年 11 月 12 日 10:11:31:

温胆湯は、もともとは名前のとおり胆を温める処方でした。
胆は肝臓に付属する玉で、肝っ玉です。
肝っ玉が弱くなると、びくびくしたり、驚きやすくなります。
肝っ玉が冷えるのは、そこに痰湿などの汚れがたまるからと考えました。
ですから、温胆湯は胆を丈夫にするというより、痰湿をとるようなものが多く含まれています。
このことから、温胆湯は胆だけでなく色々な部分の痰湿をとるのに応用されました。
そして、今の温胆湯は、初めのものからかなり変化して、痰湿をとる作用がより強化されています。
現代の中医学では、温胆湯は胆を丈夫にするというより痰湿をとるお薬と考えられています。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]