Re: まゆみ


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 あんず村 日時 2006 年 9 月 28 日 16:36:24:

回答先: まゆみ 投稿者 桂枝湯と桂皮茯苓丸の違い 日時 2006 年 9 月 27 日 13:13:00:

桂枝茯苓丸は、下腹部の淤血を綺麗にする働きがあります。
下腹部の淤血が無くなると、下半身の血流が改善され、上半身の血液が下半身に多く流れるようになり、結果として冷えのぼせが改善されます。

のぼせにも色々な原因があります。
桂枝湯などののぼせは、体の表面を流れる気が鬱しておこります。
首などが凝るのが特徴です。

手足が冷え、イライラするような場合で、舌の色が少し赤い場合は四逆散などを使います。
同じ状態でも舌があまり赤くなければ、星火逍遥丸が良いでしょう。
また、舌の先端部に赤味がある場合は加味逍遙散なども使います。
ただし、例外も沢山ありますから、一度、漢方に詳しい人に相談してみて下さい。

漢方は、症状だけでなく、体全体を判断して、のぼせを起こす原因を考えてお薬を選ぶ必要がありますから、簡単に冷えのぼせだからこのお薬と決める事は出来ません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]