Re: 切迫流産時の当帰芍薬散


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 5 月 29 日 18:08:53:

回答先: 切迫流産時の当帰芍薬散 投稿者 みすず 日時 2006 年 5 月 28 日 16:35:48:

流産の原因には、色々あります。
初期の流産のように、染色体の異常で胎児が育たないような場合は、どんな漢方薬を飲んでも効果がありません。

流産の予防には、当帰芍薬散は良く使われます。
ただ、体質も考える必要があります。
当帰芍薬散は、血の不足があり、同時に少し水の流れが悪く、むくみっぽい場合に適しています。
暑がりの人、のぼせが強い場合は普通は使いません。
冷え性でもむくみが無い場合は、婦宝当帰膠をよく使います。
また、ご指摘のように、出血の場合はきゅう帰膠艾湯などもよく使われてています。
このように、漢方薬は体質を考えて使う必要があります。
流産の予防といっても、体質によって使うものが違うからです。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]