Re: 当帰芍薬散 と 逍遥散


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 9 月 05 日 18:45:57:

回答先: 当帰芍薬散 と 逍遥散 投稿者 みゆき 日時 2006 年 9 月 04 日 14:35:26:

当帰芍薬散は、血を補い、余分な水をさばく働きがあります。
逍遥散は、気の流れを良くし、肝の働きを補い、胃腸の働きを良くするような作用があります。
どちらも温める作用で、良く似た部分があります。
二つ飲むと、重なる成分もあります。
このような場合、始めは両方の量を減らし、半分くらいづつから飲み始めます。
体調がよければ、それぞれ普通量でされても良いでしょう。

附子ののぼせを逍遥散が冷ますかは何とも言えません。
確かに気の流れが良くなると、熱はこもりにくくはなります。
ただ、附子ののぼせが逍遥散でとれるかは、私には解りません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]