Re: 加味逍遥散 と 逍遥散 の作用の違い


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 8 月 30 日 17:07:09:

回答先: 加味逍遥散 と 逍遥散 の作用の違い 投稿者 佳子 日時 2006 年 8 月 30 日 10:58:21:

加味逍遙散と逍遥散は、やはり違いがあります。

加味逍遙散は、逍遥散に牡丹皮と山梔子を加えたものです。

牡丹皮と山梔子はかなり冷やす作用があります。

ですから、冷え性の人は逍遥散を使います。

多少冷え性の場合でも、更年期などで、顔が赤くなり汗が出るホットフラッシュなどがある場合は、加味逍遙散が適しています。

保険の範囲では逍遥散は多分無いと思います。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]