Re: 生姜と当帰


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 あんず村 日時 2006 年 8 月 29 日 17:58:18:

回答先: 生姜と当帰 投稿者 シュー 日時 2006 年 8 月 29 日 04:52:01:

加味逍遙散には、牡丹皮や山梔子など清熱作用のものが入っていますから、少しくらいなら暑がり、のぼせの人にも使えます。
ただ、極端な暑がりの場合は適さない事もあるかも知れません。
温胆湯は、温めも冷やしもしない中間くらいのものです。

全体の配合としては、温めも冷やしもしないくらいの感じと思います。
もし、暑がり、のぽせ、湿熱が強い場合は、もう少し清熱作用の強いものにされても良いかも知れません。

生姜、当帰、陳皮、半夏などは温める作用があります。
これに対して、牡丹皮、山梔子、枳実、黄連、竹茹などは冷やす働きがあります。
バランスのとれた良い処方ですが、極端に暑がり、寒がりの場合は、他のものも考える必要があると思います。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]