補腎薬の違い


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 働くママ 日時 2006 年 8 月 25 日 21:21:13:

2人目の妊娠を希望しています。
先月授かったのですが、2回目の流産をしてしまいました。
その後、生理は30日後に来たので、また改めて妊娠しやすい体つくりをしようと思い漢方を飲み始めました。

補腎薬でよく「海馬補腎丸」「杞菊地黄丸」「参茸補血丸」を見かけるのですが、どういった違いがあるのかよく分かりません。
教えてください。

体質的には上半身にのぼせ、下半身に冷えがあります。
生理はほぼ規則的に来ており、3ヶ月前から婦宝当帰こうを飲んでいるのですが、排卵前のおりものも沢山出るようになり、体調もいいです。
ただ気がかりなのは、基礎体温が低温から高温になるのに時間がかかり、以前より低温・高温の差がないように感じます。

現在は婦宝当帰こう1日2回(各10ml)、冠元顆粒1日2回(1袋を2回に分けて服用)、星火逍遥丸1日2回(各6粒)を服用しています。
高温期に不安があるため周期療法的に補腎薬を飲みたいと思い、書き込みしました。
アドバイスをよろしくお願いします。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]