Re: 苓桂朮甘湯、加味帰脾湯の飲み合わせについて


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 8 月 07 日 17:32:40:

回答先: 苓桂朮甘湯、加味帰脾湯の飲み合わせについて 投稿者 あみあみ 日時 2006 年 8 月 03 日 15:44:48:

苓桂朮甘湯は、茯苓、桂枝、白朮、甘草から構成されています。
このうち、桂枝以外のものは、すべて加味帰脾湯に含まれています。
ですので、このような組み合わせの場合は、加味帰脾湯と桂枝末を服用すれば良い事になります。
また、時に加味帰脾湯の中の苓桂朮甘湯の部分を強調したい場合はこの2つを一緒に飲む事もあります。
一般的には、良く似たお薬を一緒に飲む場合は、半分ずつにする事が多いです。
ですから、1回3錠ずつというのは、標準的な飲み方になります。
体の状態があまり良くない場合は、半分にしないで、そのままの量で飲んでもらう事もあります。
あみあみさんの体の状態が良く解らないので、何とも言えませんが、購入されているお店でよく相談してみて下さい。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]