Re: 於血と痰湿


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 あんず村 日時 2006 年 7 月 11 日 18:27:47:

回答先: 於血と痰湿 投稿者 たやこた 日時 2006 年 7 月 11 日 00:36:34:

痰湿や淤血は、体のどの場所にも溜まる可能性があります。
どの部分に溜まっているかによって、現れる症状、病気の種類なども違います。
目に見える場所にたまっている場合は、それが消えていく、小さくなっていくなどで解ります。
目に見えない場所の場合は、症状が良くなるとか検査の数値が良くなるなどで判断します。
例えば、子宮筋腫でしたら、筋腫が小さくなるとか、多嚢胞性卵巣でしたら以前より卵胞の膨らみが良くなるとか、排卵し始めるとかです。
太っている方の場合は体重が減るとか、体が軽く感じるなるなどもあります。

痰湿や淤血が何処から排泄されるかは、溜まっている場所にもよります。
子宮の中、卵管などは、膣から排泄される事が多いです。
卵巣、肝臓などの場合は血液に溶け尿から排泄されます。
腸の中などは便として排泄されます。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]