Re: 中国製の漢方薬の安全性について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 5 月 15 日 18:56:16:

回答先: 中国製の漢方薬の安全性について 投稿者 こくう 日時 2007 年 5 月 15 日 14:14:55:

まず原料ですが、日本で作られるものでも生薬の殆どは中国から輸入されています。
ですので、原料に関しては日本で作られるものも中国で作られる者も、差は無いと思われます。

次に工場の設備や衛生管理の問題です。
厚生労働省の認可があり、効能効果など日本語で表示されているものは、中国の規格でなく、日本の規格で作られています。
このため、中国国内向けよりも厳重に管理されていまおり、工場も専用の工場があり、日本と同じ品質管理がされています。

私は今まで、青海のカネボウ薬品(主に病院向け)、武漢のイスクラの婦宝当帰膠の工場(薬局販売向け)、台湾の東洋薬行(勝昌)(病院向けと、薬局販売向けの両方)の工場を見てきました。
どの工場も日本の工場と全く同じでとても衛生的で先進的です。
当然ですが、日本が相当に技術指導していて、設備も日本製のものが多いでしょう。

ただ、中国国内向けのものは、昔よりもだいぶ減りましたが、まだ粗悪品もあるようです。
ですので、個人輸入や中国で購入される場合はよはど事情を知らない限りお勧めではありません。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]