Re: 漢方の停滞期


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2007 年 4 月 06 日 18:20:54:

回答先: 漢方の停滞期 投稿者 ミカ 日時 2007 年 4 月 01 日 13:50:08:

気の流れを良くするような漢方薬はかなり即効性があります。
この場合、飲み始めるには今まで停滞していた気が一気に動きだすので、とても効いている感じがします。
しかし、しばらくするとその状態に慣れてしまい、効果を感じにくくなります。

淤血をとるもの、痰湿をとるものなど汚れを綺麗にするものは、じわじわと効いてきますから、効き始めるまで時間がかかります。

補うものの場合も2つのケースがあります。

血や陰や腎精などは、簡単には補えないもので、効き始めるのに時間がかかります。
このような効き始めるまで時間がかかるものは停滞期というのはあまり無いでしょう。

これに対して気は補いやすい部分があり、気を補うものも、かなり速効性があります。
ある程度のレベルまで気は補われると、それ以上は簡単には補えなくなります。
こちらも停滞期に近いものです。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 6 ]