Re: 子宮内膜と婦宝当帰膠


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら)です。 日時 2005 年 3 月 22 日 18:45:19:

回答先: 子宮内膜と婦宝当帰膠 投稿者 つばさ 日時 2005 年 3 月 21 日 16:30:18:

婦宝当帰膠と当帰芍薬散は、どちらも血を補う働きがあります。
大きな違いは、婦宝当帰膠は、血を増やす力が強く潤いを与える作用があります。
当帰芍薬散は、潤いを与える作用より、余分な水を出す働きがあります。
一般的には、流産の予防としては婦宝当帰膠を使う事が多いですが、体質にもよります。
両方飲む必要はありません。
また、黄体機能の不全なら、少し腎を補うものが必要な事が多いです。
婦宝当帰膠にも当帰芍薬散も腎を補う力はありません。
このあたりも、もう少し詳しく体質などを判断する必要があります。
もし、お近くに良いお店が無い場合は、当店のインターネット漢方相談をご利用下さい。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]