外陰掻痒症に長く悩んでいます


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 ぴよ 日時 2006 年 3 月 20 日 00:40:25:

この掲示板での以前の記事を読み、自分のケースは
どうなのだろうと思い書き込みます。
現在33歳、出産から2年が経ちます。
22歳くらいから左の小陰唇と大陰唇の境界のあたりが
なんとなく痒いな、と思いながら、女性はみな
そんなものだと思っていました。
出産してから痒みがひどくなり、右側へも広がり、
皮膚が赤黒くガサガサ・象の皮みたいに膨張した感じです。
授乳のときに特に痒くなりつらいです。かきこわしてしまいます。
大学病院の特発性外陰掻痒症を得意とする先生に診察してもらい
ましたが、GBSが検出され、膣内がアルカリに傾き(PH6くらい)、
子宮頚管粘液が多すぎるというような実態があり、ステロイド内服剤
とケイシブクリョウガンが処方されました。
しかしあまり改善しないし母乳への影響が怖いので、
鍼灸治療と漢方薬に切り替えました。鍼灸の先生の診立てに
よると、湿熱による掻痒だということで、リュウタンシャカントウ
をベースに、その時々でサイコカリュウコツボレイトウやショウサイコトウ
など変えながら、2ヶ月ほど続けてきました。甘いものやカロリーの
高いものを摂り過ぎてきたのでは、と指摘されました。食べすぎで
胃腸に負荷がかかっているようです。体重や体型は標準です。
リュウタンシャカントウを飲み始めてから、便通・小水ともによく、
ウェストがどんどん細くなり、痒みの範囲も狭まりましたが、
まだしつこく痒みが残り、強さもあまり変わりません。
膣口周辺部や尿道口周囲が赤く炎症しています。
その他の体の状態としては、
4年ほど前から左上まぶた目頭が赤く湿疹になるのが日和見的に
繰り返し、ここ1年はずっとです。また、1年くらい両肘の外側が丸く湿疹
になるのが続き、最近では左乳輪の下・右乳輪の上に湿疹、
右手先のひどい湿疹が最近は両手の荒れになる、など
なんだかあちこち「炎症している」生活になってしまいました。
生理の状態は、出産前はレバー上の塊が出て生理初日に生理痛が
ありましたが、流産(3年前に1回)後はサラサラの真っ赤な血で
生理痛が全くなくなり、今もそうです。
出産は予定日3日後の前期破水から始まり大きな男児だったため、
分娩時間が長く、出血も多量でした。抗生物質をかなり使ったようです。
現在も夜間授乳があり、睡眠不足や子育てストレスがあります。
スギ花粉症のアレルギーがあり、小児喘息も少しありました。

なんだか長くなり、とりとめもありませんが、
先生からコメントがあればお願いしたいと思います。
一般的にこうした症状の場合、治癒にはどれくらい時間がかかるのか、
また、もしも杏村さまでしたら、どういう治療方針になるのか、
参考までにお聞かせ願えれば幸いです。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]