Re: 当帰芍薬散と桂枝茯苓丸


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2005 年 3 月 21 日 18:49:48:

回答先: 当帰芍薬散と桂枝茯苓丸 投稿者 モコ★ 日時 2005 年 3 月 21 日 14:55:36:

周期療法は、生理の周期にあわせて腎精を補うものです。
腎精を補う働きのものと、気血の流れを良くするものなどを生理の周期で使い分けます。
今回の処方は周期療法ではありませんから、生理の周期に関係なく普通に飲む方が良いと思います。

LUFの漢方的な原因としては、卵胞が膨らむ力が弱い腎精不足と、卵胞がはじける力が弱い気滞血淤タイプがあります。
LUFだからこのお薬という使い方は出来ません。
体質などを判断して、お薬を考えていく必要があります。
ですので、一度、お近くの漢方に詳しいお店などでご相談下さい。
お近くに良いお店が無い場合は、当店のインターネット漢方相談をご利用下さい。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]