Re: 当帰四逆加呉茱萸生姜湯と邪気(?)について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 あんず村 日時 2006 年 1 月 06 日 22:15:28:

回答先: 当帰四逆加呉茱萸生姜湯と邪気(?)について 投稿者 みゅう 日時 2006 年 1 月 02 日 22:06:50:

当帰四逆加呉茱萸生姜湯には、気の流れを改善して、また、水の流れを改善する作用もあります。
冷えを改善する事により、結果としてのぼせを改善出来る事は非常に多いです。
当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、ただ単に温める作用のものではありません。
どちらかというと、「通す」作用のある木通、細辛、桂枝、川きゅうなどが含まれ、気、血、水の流れを良くする働きが良いものです。
この結果、末梢の血流が改善され、のぼせが無くなると考えられます。
ですから、冷え性の人のにきびなどにもよく使います。
同じ原理でお父様の症状も改善されたのではないでしょうか?
当帰芍薬散は、通す作用は弱いです。
代わりに余分な水分を外に出す作用があり、尿量減少やむくみなどに適しています。


フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]