Re: 妊婦の花粉症


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら)です。 日時 2005 年 3 月 16 日 18:13:05:

回答先: 妊婦の花粉症 投稿者 ゆき 日時 2005 年 3 月 15 日 03:27:47:

漢方薬は胎児の奇形率をあげるという事ではありません。
ですが、弱い体質の人や流産しやすい人は流産の原因になる事があります。

花粉症がひどくて、どうしても他のお薬で効かないなら、小青龍湯を使います。
ですが、小青龍湯には麻黄が含まれています。
麻黄は発散作用が強いものです。
発散、瀉下などの作用は、胎児を外に追い出そうとする働きを助ける事があります。
ですから、流産しやすい状態ですと飲まない方が良いです。
このような場合は、まず香蘇散を試して見て下さい。
それでおさまるなら、その方が良いです。
どうしてもおさまらないなら、小青龍湯を少し飲みます。
また、この場合は流産予防のものを併用するともっと良いでしょう。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]