Re: 不育症の漢方薬


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 あんず村 日時 2005 年 10 月 16 日 20:42:08:

回答先: 不育症の漢方薬 投稿者 りんりん 日時 2005 年 10 月 11 日 11:30:37:

柴苓湯は、小柴胡湯に五苓散を加えた処方です。

小柴胡湯は、気の流れを良くし、体の中の熱を発散させるような作用があります。
どちらかというと冷やす性質なので、冷え性の人には適しません。
また、燥性(乾かす性質)のものです。

五苓散は利尿作用があり、むくみをとるものです。

柴苓湯はもともと燥性の小柴胡湯にさらに利尿作用のあるものを加えていますから、乾かす性質が強いものです。
冷え性の人、潤い不足の人には適しません。
ですから、抗体があるから誰でも柴苓湯という使い方は出来ません。

漢方の診断方法と西洋医学の診断方法は全くちがいます。
西洋医学の診断方法だけで漢方薬を使う事は出来ません。
ですので、一度、漢方に詳しい人によく相談する事が大切です。
お近くに良いお店が無い場合などは、当店のインターネット漢方相談をご利用下さい。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]