Re: 流産後の漢方薬について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 あんず村 日時 2005 年 7 月 31 日 21:40:10:

回答先: 流産後の漢方薬について 投稿者 ジュエル 日時 2005 年 7 月 31 日 15:18:13:

温経湯は子宮を綺麗にする力は非常に弱いですから、短期間、もう少し子宮を綺麗にする力が強いものを使うと良いでしょう。
その後で、気血を補うものや腎を補う漢方薬で、妊娠しやすい体づくりをしましょう。
流産の原因として、免疫の問題があります。
これは、原理的にはアレルギーと同じで、いろいろな抗体が出来てしまっている状態です。
漢方での治療もアレルギーの治療と同じです。
よく使われるのが「柴苓湯」ですが、免疫性の不育症なら何でも柴苓湯という訳にはいきません。
やはり体質や原因を判断する事が大切です。

また、流産をおこす他の原因としては、
 気の流れ ホルモンや自律神経のバランス
 気血の不足 血やエネルギーの不足
、腎陽虚 黄体ホルモンの不足や冷え
、脾気下陥 胎児を支える力の不足
などが考えられます。

一度、漢方に詳しいお店などでよく相談して、体に合ったものを選んでもらって下さい。
お近くに良いお店が無い場合は、当店のインターネット漢方相談をご利用下さい。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]