周期療法


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 ぴよた 日時 2005 年 3 月 07 日 11:06:35:

周期療法を始めました。
現在卵胞期ということで、婦宝当帰膠+六味地黄丸+十全大補湯を飲んでいます。他に病院で処方された柴胡桂枝乾姜湯+当帰芍薬散も飲んでいます。漢方はあまり色々なものを一度に飲むと、それぞれの持ち味を殺してしまうこともあると聞きましたが、いかがなものでしょうか。
また、この組み合わせになってから、基礎体温が低くなり足先の冷えが強くなったのに対し、夜布団に入ってからは妙に体がほてってしまいます。また服用後には上半身は温かく、下半身は冷えるかんじと、頭がふらふらするかんじがします。これは瞑弦なのでしょうか、それともお薬が合っていないのでしょうか。
体質としては、痩せ型、体温が低い、胃腸弱め(胃下垂のため胃に停水)、冷え性(下半身)、肝鬱(舌の先が赤い、ストレスが強い、肋骨の下が痛む)、お血があるようです。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]