Re: 当帰芍薬散と婦宝当帰膠


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 あんず村 日時 2005 年 7 月 11 日 18:08:32:

回答先: 当帰芍薬散と婦宝当帰膠 投稿者 のぶこ 日時 2005 年 7 月 11 日 07:13:37:

当帰芍薬散と婦宝当帰膠は、違いもありますが、作用が似た部分があります。
ですので、両方飲めるかは、体質などを考える事が大切です。

婦宝当帰膠は、血を補う働きが主で、少し気を補います。
特に潤す力が強いものです。

当帰芍薬散は、血を補う力が主で、少し気の流れをよくする働きがあます。
余分な水を取り除く働きがあります。

このようにどちらも血を補う働きがありますから、血の不足(血虚)の症状がひどい場合は、両方のむ事が出来ます。

また、どちらのお薬も温める作用のものですから、暑がり、のぼせなどの人には向きません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]