Re: チョコレート嚢腫


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 あんず村 日時 2005 年 6 月 18 日 13:39:20:

回答先: チョコレート嚢腫 投稿者 桜 日時 2005 年 6 月 17 日 21:40:43:

漢方を使う時は、体質だけでは判断しにくい部分もあります。

例えば、桜さんの体質が血虚、淤血の体質とすると、血の不足があるので、婦宝当帰膠と淤血に対して爽月宝を使います。

しかし、その場合でもチョコレート嚢腫を積極的に小さくする場合、この2つでは力が足りないように思います。

特にチョコレート嚢腫などは、血管の外にたまった「陳久淤血 ちんきゅうおけつ」です。
ですので、これを溶かす働きがあるものが必要です。

婦宝当帰膠は、体を温め、血を増やすとても良い処方ですが、やはり筋腫や嚢腫がある場合は、体質や状態をよく考えて、少し活血薬を多くした方が良いように思います。

漢方で小さく出来るか、手術が必要かはもう少し詳しい状態が解らないと、何とも言えません。
よろしければ、当店のインターネット漢方相談をご利用下さい。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]