Re: 温経湯はきゅう帰膠艾湯の附方?


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 あんず村 日時 2005 年 4 月 14 日 23:40:38:

回答先: 温経湯はきゅう帰膠艾湯の附方? 投稿者 ころりん 日時 2005 年 4 月 13 日 18:52:42:

附方は、ある処方を加減して作られた別な処方を言います。
働きも良くにている事が多いです。

温経湯ときゅう帰膠艾湯は処方が似ていますが、婦宝という事ではありません。
この2つでは、重なる部分が多いですから、両方飲む事はあまりありません。
きゅう帰膠艾湯には、地黄が含まれているものと含まれていないものがあります。
ツムラのものは含まれているはずです。
地黄は胃にもたれる事があります。
温経湯の方が調子が良いなら、温経湯にされると良いでしょう。
これ以外にも、月経過多には、田七、帰脾湯、補中益気湯などもよく使われています。
ただ、月経過多だからこのお薬というような使い方は正しくありません。
漢方に詳しい人に体質などを正しく判断してもらってお薬を選ぶようにして下さい。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]