Re: 竜胆寫肝湯


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2005 年 3 月 23 日 22:33:37:

回答先: 竜胆寫肝湯 投稿者 こめこめ 日時 2005 年 3 月 21 日 22:41:09:

生理の前は熱がこもりやすく、イライラしたりのぼせたりします。
肝鬱化火の場合、この時期は症状が出やすいです。

生理の後は、気血が不足しやすくなります。
イライラも収まり、熱感も少ないはずです。
この時期にあまり冷やすものを使うと冷えすぎてしまいます。

ですので、例えば、低温期に加味逍遙散、高温期に竜胆瀉肝湯を使うと良いでしょう。

龍胆瀉肝湯は、下剤のような成分は入っていませんが、少し便が軟らかくなる事はあります。
不都合でないなら、気にしなくて良いでしょう。

龍胆瀉肝湯が効き過ぎた場合や体質に合わない場合は、冷えやすくなる、尿が近くなる、下痢する、ふらふらするなとでが考えられます。
こめこめさんの場合は、合わないという事ではないようですから、飲む時期だけ工夫されたらどうでしょうか?



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]