Re: ホルモン検査


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2006 年 5 月 09 日 19:24:44:

回答先: ホルモン検査 投稿者 はる 日時 2006 年 5 月 07 日 15:42:03:

このような場合は、DHEA−Sが高くなった漢方的な原因を考える必要があります。
例えば多嚢胞性卵巣のような傾向がある場合は、卵巣の周りの汚れなどが原因かも知れません。
それ以外にも陰陽のバランスが悪くなっている事が原因かも知れません。
ホルモンは、漢方では腎との関係が深いので、腎の機能に問題があるかも知れません。
また、気の流れが悪い事もあります。
このよに漢方的な原因も色々ありますから、何でもかんでも当帰芍薬散という訳にはきません。
また、西洋医学の検査値にだけで漢方を判断するのは正しい漢方の考えではありません。
漢方薬は、体全体のバランスを調える事によって、自然にDHEA−Sの数値が下がる可能性がありますが、始めからDHEA−Sを下げる為に特定のお薬を選ぶという使い方はしません。

排卵しない場合は、勿論、誘発剤の方が速効性があります。
しかし、誘発剤はただ刺激して排卵させているだけで根本的な治療をしている訳ではありません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 5 ]