Re: 頚管粘液


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]

投稿者 あんず村 日時 2003 年 12 月 27 日 12:06:11:

回答先: 頚管粘液 投稿者 みぃ 日時 2003 年 12 月 27 日 11:18:39:

みぃさんの場合、頚管粘液の質が悪い事の原因は、やはり多嚢胞性卵巣にあると思います。
ですから、多嚢胞性卵巣を治療しないで頚管粘液の質だけ改善するのは難しいと思いますよ。

漢方の場合、頚管粘液は腎精の一部分と考えます。
腎とは腎臓だけでなく、子宮や卵巣も腎の一部と考えています。
腎の中には、腎精という栄養物質があり、これがホルモンや卵胞、頚管粘液の原料になっていります。
ですから、頚管粘液が少ない場合、腎精を補う事が必要です。

ただ、多嚢胞性卵巣の場合は少し違います。
多嚢胞性卵巣は、卵巣の殻が堅くてなかなか排卵出来ない状態です。
漢方では、腎精が蓄えられても、外に出られない状態と考えます。
ですから、卵巣の殻を薄く、柔らかくして、スムーズに腎精が外に出られるようにする事が大切です。
この点が、他の原因の不妊症と違う点ですから、漢方薬を飲む時は、充分注意して下さい。

現代医学では、多嚢胞性卵巣に対してクロミッドやhcgなどで排卵させる事は出来ますが、病気そのものの治療は難しいようです。
また、こういった排卵誘発剤は、どうしても腎精を消耗しますから、やはり漢方薬などと一緒に飲んだ方が良いと思います。

多嚢胞性卵巣の漢方治療は、まだあまり専門的に行っているお店は少ないようです。
もし、お近くにこの病気の漢方治療に詳しいお店が無い場合、当店の「インターネット漢方相談」をご利用下さい。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]