Re: 安中散と四逆散


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2004 年 9 月 22 日 17:20:18:

回答先: 安中散と四逆散 投稿者 よいこ 日時 2004 年 9 月 17 日 16:51:00:

安中散と四逆散では、働きがかなり違います。

安中散は、非常に温める力が強いものです。
胃が冷えて、消化力が落ちている時に使います。
胃に熱がある時(冷たいものが飲みたいなど)の場合には適していません。

四逆散は、胃にも使いますが、どちらかというと、気の流れを良くするものです。
気の流れは、自律神経とかホルモンのバランスというような意味です。
ですから、ストレスなどで胃に負担がかかっているような時に有効です。
枳実など少し冷やす性質ですから、胃が冷えている時は使いません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]