Re: 周期療法の処方について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2004 年 9 月 08 日 19:02:30:

回答先: 周期療法の処方について 投稿者 アン 日時 2004 年 9 月 05 日 11:06:37:

私の店の場合は、不妊症でも、「視床下部型」「卵巣機能不全型」「脳下垂体型」
「多嚢胞性卵巣型」「黄体機能不全型」「卵管や内膜」などの原因によって
漢方薬も少し使い分けてしています。
体質は大切な要素ですが、体質だけでなく、これらの原因によって使い分けた方が
より効果が良くなると思っています。
特に多嚢胞性卵巣の場合は、体内に汚れが多いタイプなので、他の不妊症とは
少しやり方を変える事が多いです。

多嚢胞性卵巣でも、誘発剤を使って、確実に排卵させ、しかも多嚢胞性卵巣そのものの治療を目的としない場合は普通の周期療法でもかまいません。
ただ、クロミッドを使わず排卵しない場合や、多嚢胞性卵巣そのものの治療を考える場合は、普通の周期療法はあまり適合しないと思います。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]