当帰芍薬散と頚管粘液について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]

投稿者 けい 日時 2004 年 9 月 08 日 14:12:46:

初めてお便りさせて頂きます。

先日、初めてこちらのサイトを拝見させてもらい、
当帰芍薬散が「血を補い、余分な水分をさばく」効果がある
ということを知りました。
私は3ヶ月ほど前から当帰芍薬散
(小柄なので何となく明記されている用量よりは若干少なめに)
を服用しております。

現在、不妊治療中ですが、原因は右の卵管の癒着により
通りが悪い・・・かつ毎回、右でばかりの排卵ということで
漢方治療の対象にはならないかな・・・
とも思うのですが、多少、冷え性の気があるので、友人から「当帰芍薬散はいいよ」
とのアドバイスを受け、素人感覚ですが薬局で購入したものを飲み始めました。

生理周期は大体28〜29日で安定しており基礎体温も
だらだらとした波はありますが一応二層にはなってます。

病院では毎回、血液検査ばかりで薬は飲んでません。
(過去に2周期セキソビットを飲んだ時がありました)
先生には、当帰芍薬散を飲んでることは言ってあります。

それが・・・もともと低体温なのですが、先月から更に0.3℃ほど全体的に低く
(低温期36℃前後・・・高温期36.4〜)くらいとなってます。
また、病院で頚管粘液が少ないね・・・と言われ・・・
たまたまホルモンの出が悪かっただけかもしれませんが
今月は生理が34日できました。

これが当気芍薬散によるものかはわかりませんが
体温が低くなる、ということも起こり得るのでしょうか?

また「水分をさばく」ということで、頚管粘液が少なくなったりも
有り得るのでしょうか?

一人一人の体質や体調などによるかもしれませんし、
今、この場で一概にはアドバイスできないかもしれませんが、
お答えできる可能性の範囲で、どんなことでも結構ですので、
どうか、よろしくお願い致します。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]