Re: のどのつまり感


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2004 年 6 月 18 日 20:29:41:

回答先: のどのつまり感 投稿者 けっちー 日時 2004 年 6 月 16 日 08:17:38:

漢方薬が体にあっている場合、一般的には1ヶ月くらいで、なんとなく調子が良い感じがします。
その場合は、3ヶ月くらいは、それを続けてみる事が必要です。

自律神経系の不調の場合、症状がめまぐるしく変化します。
それにあわせてお薬をたびたび変更してしまうと、本質的な部分を見失ってしまう事になります。
症状に振り回されて、体質改善が出来ないのです、

漢方では、変化の多い症状を客証といいます。
初めからずっとあって、あまり変化しない症状を主証と言います。
主は、あるじです。その家にずっと住んでいます。
これに対して客は出たり入ったりしています。
客証に惑わされて、主証の治療を忘れてしまうと、いつまでたっても治療出来なくなります。

2−3年前からの症状なら、2−3年かけて治すくらいのゆったりとした気持ちが必要です。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]