Re: 肌荒れについて


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]

投稿者 あんず村 日時 2004 年 3 月 10 日 22:59:21:

回答先: 肌荒れについて 投稿者 mima 日時 2004 年 3 月 09 日 23:18:31:

舌を判断する時は、全身的な事も考慮して決める必要があり、舌だけで判断する事は出来ません。
ただ、一般的には次のような事が言えます。

舌の端の歯形は、裂紋といって、舌がむくんでいる時に多いものです。
この場合は、苔がある場合と無い場合では別の原因が考えられます。
裂紋があって苔が厚い場合は、体内に汚れた水がたまっている状態です。
苔が無い場合は、気血不足や、陽虚(あたためる力の不足)などによるものです。

舌の亀裂は裂紋(れつもん)と言います。
舌が痩せて裂紋がある場合は栄養不足による事が多いようです。
舌が痩せていない場合は、気の流れが悪い事が多いようです。
また、裂紋には生まれつきの場合もあります。

舌の先の赤みは、多くは心熱といって、ストレスなどで気の流れが悪くなり、熱が心にこもっている時に多いです。
体は冷えていても、内部には少し熱がこもっていると考えられます。

最初に言いましたように、舌だけで判断する事はできません。
あくまでもその他の症状と照らし合わせて総合的に判断する必要があります。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]