Re: 婦宝当帰以外の妊娠中の漢方について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]

投稿者 あんず村 日時 2004 年 3 月 02 日 22:03:09:

回答先: 婦宝当帰以外の妊娠中の漢方について 投稿者 めるこん 日時 2004 年 3 月 02 日 21:23:56:

妊娠中に何を飲むと良いかは、体質によっても違います。
妊娠中は、主に、胎児に気血を取られるため、気血不足になりやすいので、婦宝当帰膠は、まず殆どの人に適しています。
胎児の発育が悪い場合などは、胎盤も飲み続けてもらっています。
医薬品から口に入る添加物の量は、食品に比べると比較にならないくらい少ないものです。
ですから、医薬品の添加物や色素を気にする人もいますが、食品の添加物ほどは問題になりません。
海馬補腎丸は、腎陽虚の場合に適しています。
ただ、妊娠中は、どちらかと言うと黄体ホルモンの働きが良くなる時期です。
このような時期は、自然に腎陽は強くなります。
ですから、海馬補腎丸は、妊娠のごく初期以外、よほど冷えが強い特別な体質の場合を除いてあまり使いません。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 4 ]