Re: 妊娠と漢方薬について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2004 年 10 月 29 日 12:01:42:

回答先: 妊娠と漢方薬について 投稿者 村上 日時 2004 年 10 月 28 日 12:59:11:

漢方薬には胎児の奇形率が上がる事はありません。
ですが、作用の強いものや、体質に合わないものを飲み続けると流産のきっかけに
なる事があります。

麦門冬湯は、のどを潤す働きがあるものです。
咳止めとしての効果はあまりありません。
喉が乾燥して、それが原因で咳こむような時によく使います。
内容的には、強いものではありませんが、半夏といって下に降ろす性質のものも
含まれていますから、不必要に沢山飲むのはお勧め出来ません。
妊娠中の風邪や咳などには香蘇散の方がお勧めです。
風邪薬や咳止めとしての作用は弱いですが、流産の心配が無いので、とても安全です。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]