Re: 腎陽虚にきく漢方薬


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2003 年 2 月 26 日 17:41:41:

回答先: 腎陽虚にきく漢方薬 投稿者 ビク 日時 2003 年 2 月 26 日 10:43:25:

「腎陽虚」という言葉は、漢方医学の専門用語です。
お医者さんは、大学、国家試験とも西洋医学を学んでいますから、漢方医学の専門家ではありません。
ですから、ご自分で漢方を勉強されたお医者さんでない限り、腎陽虚という言葉は使いません。
お医者さんが漢方を使う場合、漢方をよく勉強して、漢方の理論で漢方を使う場合と、あまり漢方は詳しくなくて、西洋医学の理論で漢方を使ってしまう場合があります。


腎陽虚に使う漢方薬は沢山あります。
このうち、もっとも陽気を補う力が強いのが「至宝三鞭丸」です。
その次が「海馬補腎丸」「活絡健保丸」「参茸補血丸」「八味丸」の順になります。

しかし、腎陽虚だからといって、程度を考えないで、がむしゃらに強い薬ばかり使っていると、陰とのバランスが悪くなってしまいます。

陰と陽は、互いに助け合ったり、抑え合ったりしています。
ですから、陰と陽のバランスが大切なのです。
ビクさんの場合も、腎陽虚の程度を判断して、また腎の陰や精という別な面も考える必要があります。

すごく簡単に言ってしまうと、
 腎精は、種 
腎陰は、水と土、畑
 腎陽は、太陽
です。
どれも大切ですよね。

種が悪くても、また雨ばかりでも、日照り続きでも良い作物は育ちません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]