Re: 赤面症


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 木村優里 日時 2004 年 6 月 16 日 18:31:34:

回答先: Re: 赤面症 投稿者 マンソン 日時 2004 年 2 月 16 日 02:08:35:

> > 赤面症は、漢方では気の上昇と考えます。
> > 気の流れが上に向かい、それと同時に血も上に上るからと考えられます。

> > ところで、気が上にのぼってしまう原因というのはいくつかあります。

> >  ストレスなどで肝の働きが悪くなっている場合。
> >  肝は、漢方では肝臓だけでなく自律神経も含めています。
> >  肝の働きが悪くなると、気の流れをうまくコントロールできなくなります。

> >  淤血(血液のよごれ)や痰湿(よごれた水など)が体の中にたまっていて、気の流れを阻滞している場合。

> >  心が弱っている場合。
> >  漢方で心は、心臓だけでなく、中枢神経も含めています。
> >  心の気が落ち着かない状態を心神不寧といいます。
> >  この時も赤面症がおこります。

> >  心や肝の中の火が強くなりすぎ場合。

> >  ホルモンのバランス
> >  ホルモンは、腎と考えます。
> >  腎は、心をコントロールしています。

> > など、いろいろな原因があります。
> > 柴胡加龍骨牡蠣湯も良く使いますが、漢方を使うときは赤面症ならこれという風に簡単にお薬を決める事はできません。
> > ちゃんと、原因を考え、さらにその人の体質にあったお薬を選ぶ必要があります。

> > よろしければ一度、オンライン漢方相談をご利用下さい。
> >  





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]