Re: 1


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 あんず村 日時 2004 年 3 月 25 日 14:03:04:

回答先: 投稿者 すず 日時 2004 年 3 月 25 日 10:48:30:

リウマチは漢方では「痺症 ひしょう」と言います。

痺とは、麻痺の痺ですが、いろいろなものがつまって経絡の流れが悪くなっている状態と考えます。

昔の本では「風寒湿が入り交じって痺症になる」と言っています。
風が強い場合は、痛い所があちらこちらに移動います。治療は去風薬を使います。
寒が強い場合は、激しい痛みをおこします。散寒薬を使います。
湿が強い場合は、おもだるい感じになります。この場合は去湿薬を使います。

また、最近の中医では熱痺といって、熱によるものもあると考えています。
この場合は、清熱薬を使います。

リウマチといっても、人それぞれで、原因によって漢方薬も使い分けていく必要があります。
ですから、一度、漢方に詳しいお店でよく相談して下さい。

蟻の錠剤は、お薬ではなく健康食品です。
作用は弱いですが、どのようなタイプにも使えます。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]